左右どちらかの肩首のこりが強い理由

今回はどちらか片方の肩・首がこる、もしくは片方だけこりが強い肩・首こりについて解説していきます。

もしこれを読んでいる方で、上記のような症状があったら鏡の前に立ってみて下さい。姿勢を良くしようと意識はせずに力を抜いた状態で左右の肩の高さを比べてみて下さい。

左右差がなければ良いのですが、こりが強いほうの肩が下がってはいませんか?それが、こりの原因の可能性が高いです!逆に上がっていることもあるのですが今回は下がっているものについて説明します。

例えば右の肩が下がると、頭から肩までの距離が左は近くて右は遠くなります。つまり右側だけ首~肩の筋肉が引き伸ばされた状態になります。そのせいで片方のこりを強く感じる訳です。

ではなぜ片方の肩が下がるのか?理由は少し動いてみれば分かります。立った状態でお尻を左右どちらかにスライドさせてみて下さい。お尻を左にスライドさせた時には右肩が下がり、右にスライドさせると左肩が下がりませんか?

つまり、慢性的にどちらかの肩が下がっている人はそれだけ骨盤が傾いているということです!

骨盤が傾いているということは、土台の足首が歪んでいることが根本的な原因かもしれませんが理屈が分かってしまえば良くすることは難しいことではないです

単に肩こりといっても足首までに話が及ぶとは、奥が深いですよね~🙄

上記の様な症状でお悩みのかたは是非ご連絡ください💪 最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事

  1. 肩こりのメカニズム その一例

  2. 坐骨神経痛の患者様から感想を頂きました。 50代女性

  3. お客様からお声を頂きました!

  4. 患者様の感想を掲示するスペースを大きくしました!

  5. 患者さんの素晴らしいアイデア!

  6. ヘルニアの患者様から感想を頂きました。 40代女性

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP